楽天カードを活用して楽天ポイントを貯めよう

楽天カードを活用して楽天ポイントを貯めよう

楽天カードを活用して楽天ポイントを貯めよう

楽天カードマンやお買いものパンダのCMでもお馴染みの楽天カード。

新規入会時のポイントプレゼントのキャンペーンや可愛いデザインのカードでもお馴染みだと思います。

ポイントの貯まりやすさ、もらって嬉しいポイントランキングでは、No.1になっているそうです。

今回は楽天カードで楽天ポイントを貯める方法をご紹介していこうと思います。

楽天カードとは?

楽天グループのクレジットカード会社です。

楽天市場はもちろん、その他の支払いでお得にポイントを貯めることが出来ます。

利用額に応じてポイントが付与されるので、使えば使うほど楽天ポイントが貯まります。

また、お買いものパンダデザインやディズニーなどの可愛いカードも魅力的です。

楽天カードの種類

楽天カードというと年会費無料や女性向けのPINKカードなどのイメージですが、他にもカードの種類があります。

詳しく紹介していこうと思います。

楽天カード

1番スタンダードなカードです。

年会費:永年無料

選べるブランド:VISA、JCB、Mastercard、American Express

ポイント還元率:1%、楽天市場でいつでもポイント最大3倍

保険:海外旅行傷害保険

利用限度額:最大100万円

追加可能カード:ETCカード(年会費540円、但しダイヤモンド・プラチナ会員、プレミアムカード保持者は無料)、家族カード

付帯機能:楽天Edy、楽天ポイントカード

デザイン:通常デザイン、お買いものパンダデザイン、楽天イーグルスデザイン、FCバルセロナデザイン、ディズニー・デザイン

※カードデザインはブランドにより選べないデザインもあります。


↑公式サイトはこちら↑

楽天カード

出典:楽天カード

楽天PINKカード

女性に嬉しい可愛いピンクのカードです。

年会費:永年無料

選べるブランド:VISA、JCB、Mastercard、American Express

ポイント還元率:1%、楽天市場でいつでもポイント最大3倍

保険:海外旅行傷害保険

利用限度額:最大100万円

追加可能カード:ETCカード(年会費540円)、家族カード

付帯機能:楽天Edy、楽天ポイントカード

デザイン:通常デザイン、お買いものパンダデザイン、ディズニー・デザイン

※カードデザインはブランドにより選べないデザインもあります。

その他:カスタマイズサービス(月額サービス料324円)、楽天グループ優待サービス、ライフスタイル応援サービス(月額サービス料324円)、女性のための保険(月額30円~プランにより異なります)

楽天PINKカード

出典:楽天PINKカード

楽天カード アカデミー

学生限定のカードです。

対象年齢:満18歳以上28歳以下の学生(高校生を除く)

年会費:永年無料

選べるブランド:VISA、JCB

ポイント還元率:1%、楽天市場でいつでもポイント最大3倍

保険:海外旅行傷害保険

利用限度額:10万円(引き上げ、引き下げ可能)

追加可能カード:ETCカード(年会費540円)

付帯機能:楽天Edy、楽天ポイントカード

デザイン:通常デザイン

その他:楽天ブックスでポイント最大4倍(年回初年度のみ)、楽天トラベル「高速バス予約」でポイント3倍、楽天ダウンロードでポイント3倍

楽天PINKカード

出典:楽天カード アカデミー

楽天銀行カード

クレジットカードとキャッシュカードが一体化になっているカードです。

年会費:永年無料

選べるブランド:JCB

ポイント還元率:1%、楽天市場でいつでもポイント最大3倍

保険:海外旅行傷害保険

利用限度額:最大100万円

追加可能カード:ETCカード(年会費540円)

デザイン:通常デザイン

その他:楽天銀行の普通預金金利が2倍

楽天銀行カード

出典:楽天銀行カード

ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style

ヴィッセル神戸のファンにおすすめのカードです。

年会費:永年無料

選べるブランド:VISA

保険:海外旅行傷害保険

利用限度額:最大100万円

追加可能カード:ETCカード(年会費540円)

付帯機能:楽天Edy

デザイン:通常デザイン

その他:サイン入りグッズと交換可能、チケット購入時5%オフ

ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style

出典:ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style

楽天ANAマイレージクラブカード

マイルを貯めたい人におすすめのカードです。

年会費:初年度無料(翌年以降年会費540円、但し年1回の利用で無料)

選べるブランド:VISA、JCB、Mastercard

ポイント還元率:1%、楽天市場でいつでもポイント最大3倍

保険:海外旅行傷害保険

利用限度額:最大100万円

追加可能カード:ETCカード(年会費540円、但しダイヤモンド・プラチナ会員、プレミアムカード保持者は無料)、家族カード

付帯機能:楽天Edy、楽天ポイントカード

デザイン:通常デザイン、ピンクデザイン

その他:フライトでANAマイルが貯まる、マイルを航空券や商品に交換可能

楽天ANAマイレージクラブカード

出典:楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ゴールドカード

楽天カードにはない特典付きのカードです。

対象年齢:20歳以上

年会費:2160円

選べるブランド:VISA、JCB、Mastercard

ポイント還元率:1%、楽天市場でのお買い物はポイント最大+5倍、街の加盟店でのお買い物はポイント最大3倍

保険:海外旅行傷害保険

利用限度額:最大200万円

追加可能カード:ETCカード、家族カード(年会費540円)

付帯機能:楽天Edy、楽天ポイントカード

デザイン:通常デザイン

特徴:国内空港ラウンジを無料で利用可能、一部海外空港ラウンジが無料で利用可能(2018年9月より年間2回まで)

楽天ゴールドカード

出典:楽天ゴールドカード

楽天プレミアムカード

海外旅行好きな人におすすめのカードです。

対象年齢:20歳以上

年会費:10800円

選べるブランド:VISA、JCB、Mastercard、American Express

ポイント還元率:1%、楽天市場でのお買い物はポイント最大+5倍、街の加盟店でのお買い物はポイント最大3倍

保険:海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険

利用限度額:最大300万円

追加可能カード:ETCカード、家族カード(年会費540円)

付帯機能:楽天Edy、楽天ポイントカード

デザイン:通常デザイン

特徴:国内空港ラウンジを無料で利用可能、世界800ヶ所以上の空港ラウンジが利用可能な「プライオリティ・パス」に無料で登録可能


↑公式サイトはこちら↑

楽天プレミアムカード

出典:楽天プレミアムカード

付帯カード

付帯カードとは希望に応じて別途付けることが出来るサービスやカードのことです。

楽天ETCカード

高速道路などの有料道路をスムーズに通過することが出来るカードです。

ETC利用100円につき1ポイントが貯まります。

楽天の会員ランクがダイヤモンド、プラチナなら年会費540円は掛りません。

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードカードの場合は年会費は掛りません。

楽天ETCカード

出典:楽天ETCカード

家族カード

ポイントは本会員にまとめて入り、利用料金の引き落としも本会員の口座から引き落とせます。

本会員カード1枚につき、5枚まで発行可能で、支払いやポイントをまとめたい時に便利です。

家族カードの発行は無料です。(楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードは540円が掛ります。)

楽天銀行カード、楽天カードアカデミー、楽天ビジネスカード、家族カード会員は申し込み不可です。

Advertisement

ポイントの貯め方

楽天カードを有効活用するとさらにポイントを貯めやすくなります。

貯める方法をご紹介していきます。

新規入会で貯める

テレビCMなどでもやっているのでご存知の人も多いと思いますが、楽天カードに新規入会でポイントがもらえます。

大体の場合5000ポイントとなっていますが、キャンペーンをしていたりすると8000ポイントもらえることもあります。

是非キャンペーン時を狙って入会してみて下さい。

ちなみに5000ポイントの場合も8000ポイントの場合も、入会してすぐに入ってくるわけではありません。

5000ポイントの場合で説明します。

入会特典2000ポイントは楽天e-NAVIに会員登録後に受け取り申請をする必要があります。

カード利用特典3000ポイントは期間限定ポイントとして受け取ることが出来て、対象期間中にカードを1回以上利用するなどの条件があります。

カード利用特典3000ポイントはカード初回利用日の翌月20日頃に付与されます。

カードだけ作っても全部のポイントはもらえないので、ご注意下さい。

SPUでポイント+2倍

楽天市場でお買い物する際に楽天カードでお支払いをすると、ポイント+2倍になります。

キャンペーンなどではないので、いつでも対象です。

楽天カード利用通常ポイント+1と楽天カード利用特典ポイント+1倍という内訳になっています。

通常ポイント分はポイントに上限はなく、購入した月の翌月13日頃に楽天カード利用分と合わせて、ポイントが付与されます。

特典ポイント分はポイントに5000ポイントの上限があります。

売り上げ情報が購入当月末までに到着した場合は、購入月の翌月15日にポイントが付与されます。

売り上げ情報が購入翌月末までに到着した場合は、購入月の翌々月15日ポイントが付与されます。

楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードを利用している人は、楽天カード利用特典ポイントに追加で+2倍のポイントを受け取ることが出来ます。

上限は楽天ゴールドカードが5000ポイント、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、楽天ビジネスカードが15000ポイントとなっています。

楽天市場でお買い物をする度にポイントが+2倍で貯まっていくのは嬉しいですね。

紹介でポイントを貯める

楽天カードを紹介すると紹介する側も紹介された側もポイントをもらうことが出来ます。

紹介方法はLINEやTwitter、メールの3種類があります。

紹介する側には2000ポイント、紹介された側には1000ポイントをもらうことが出来ます。

1ヶ月に最大9人分まで特典をもらうことが出来るので、1ヶ月で紹介だけで最大18000ポイントをもらうことも可能です。

既に楽天カードを持っている人や過去に楽天カードを持っていた人は対象外になります。

楽天カードのページにログイン後「キャンペーン・ポイントサービス」から紹介する項目がありますので、友人・知人に楽天カードを作りたい人がいれば是非紹介してみて下さい。

街の加盟店で貯める

通常の楽天カード利用で100円につき1ポイントがもらえます。

楽天カードの加盟店で利用すると、+1倍~2倍のポイントをもらうことが出来ます。

ポイントの倍率は加盟店によって異なりますが、加盟店のジャンルも幅広いので、利用しやすいです。

Rakoo加盟店で貯める

Rakooとは飲食店の予約が出来るサービスで、予約したお店の決済を楽天カードですると100円につき2ポイントが貯まります。

内訳としては、楽天カードの利用通常ポイントが1倍(100円で1ポイント)、Rakooの利用ポイントで+1倍となります。

他にもお店ごとやRakooでキャンペーンをしていたりもするので、さらにポイントを貯めることが出来る場合があります。

楽天カードの優待店舗で貯める

楽天カードでお支払いをするだけでポイントが貯まります。

優待リストに追加をして、追加したお店で楽天カードでお支払をすると優待特典を受け取ることが出来ます。

優待リストに追加をしないと特典を受けれないので、お出かけ前にチェックする必要があります。

このキャンペーンは常時やっていますが、優待店舗は入れ替わりがあります。

楽天Edyへのチャージで貯める

楽天カードから楽天Edyにチャージをすると、チャージ200円ごとに1ポイントが貯まります。

楽天Edyでお支払いをすると200円ごとに1ポイントが貯まるので、2回ポイントを受け取ることが出来ます。

楽天Edyはコンビニやスーパー、百貨店やショッピングモールなど使える場所がたくさんあります。

公共料金のお支払いで貯める

携帯電話や電気・ガス・水道などの公共料金のお支払いを楽天カードですると、100円につき1ポイントが貯まります。

毎月支払う料金でポイントが貯められるのは手軽で嬉しいですね。

他にも新聞や放送料金、レンタルサーバーのお支払いでも貯まります。

キャンペーンで貯める

楽天カードのマイページ(楽天e-NAVI)にログインすると、キャンペーンページがあります。

楽天カードを利用している人限定のキャンペーンで、ポイント山分けや○○で利用すると○倍などのキャンペーンにエントリーすることが出来ます。

普段通りに使うだけでもポイントが手に入る場合もあるので、エントリーするだけしてみてもいいですね。

キャンペーンはその時々によって変わります。

こんな感じの画面です。

キャンペーン

クリックで貯める

楽天e-NAVIの中にあるサービスです。

バナーをクリックするだけで、3日後までにポイントをもらうことが出来ます。

常時開催ではないですが、たまに10件以上もクリック出来るバナーがあることもあります。

クリックするだけでポイントがもらえるのは嬉しいですね。

こんな感じの画面です。

クリック

これやってポイント

楽天e-NAVIの中にあるサービスです。

お題の対象ページを表示するだけでポイントがもらえます。

1日1回1ポイントですが、1ヶ月もすると30ポイントになります。

手間はほとんどないので、ポイントを貯めたい人はぜひ。

こんな感じの画面です。

これやってポイント

ゲームで貯める

楽天e-NAVIの中にあるサービスです。

楽天市場などのラッキーくじのような感じのゲームがあります。

必ずポイントがもらえるわけではないのですが、無料でチャレンジ出来るので当たったらラッキーです。

ちなみにゲームは3種類、ラッキーくじは1種類あります。

ゲームは外れたりしても再チャレンジが出来て、何回でもやり直せます。

こちらも手間はほとんどないので、やってみて下さい。

ちなみにパソコンとスマホを持っている人なら、1日1回ずつチャレンジ出来ます。

アプリはこちらからダウンロード出来ます。

楽天カード

楽天カード

RAKUTEN CARD,INC.無料posted withアプリーチ

こんな感じの画面です。(上はラッキーくじで下はゲームです。ゲームはこの他に2つあります。)

ゲーム

私が利用しているカードと理由

私が利用しているのは、1番最初にご紹介をしたスタンダードな楽天カードです。

理由はクレジットカードを作ること自体が初めてだったのと、そんなにたくさん使う予定はなかったからです。

クレジットカードを作らなかった理由

20歳を超えてもクレジットカードを作ろうとは思いませんでした。

なぜなら、私の中では「お買い物をする度に支払いをしない=後払い」の認識が強かったからです。

支払日になってお金が足りない!というのがクレジットカードを持つまで怖かったです。

いくら使っているのか、自分がいくらなら支払えるのか、など計算していくこと自体に苦手意識を持っていました。

クレジットカードを作った理由

作ろうと思った理由は、必要に迫られたから、というのが理由です。

何でもネットで完結してしまう時代に、現金払いに対応してくれるサービスばかりではありません

支払方法がクレジットカードのみのサービスもたくさんあります。

クレジットカードを持っていないので、利用が出来ないということが不思議と立て続けに起こったことが、カードを作るきっかけになりました。

また、クレジットカードを持つ前から楽天市場やネットショッピングは利用していました。

支払いは代引き、コンビニ払いがメインでした。

代引きもコンビニ払いも手数料が掛りますし、メール便で発送してもらえる商品も代引きだと宅配便になり、宅配便の送料は購入者負担なお店がほとんどです。

そうなると手数料+宅配便の送料を払わなくてはなりません。

クレジットカード決済が出来ないというだけで、時には商品金額+1000円近く高く支払わなければならないこともあります。

クレジットカードを持っていれば必要のない出費が無駄に思えたのも理由の1つです。

楽天カードにした理由

クレジットカードを発行している会社やサービスはたくさんあります。

その中でも楽天カードを選んだ理由は“審査に通りやすい”という情報があったからでした。

本当か噂だけなのかは今でも分かりませんが、ネットの情報を見ると”審査が緩い”という書き込みはよく見かけます。

ディズニーやサンリオなどのキャラクターがデザインされたカードを発行している会社もとても魅力的で、一通り情報も調べました。

しかし、作ったクレジットカードを“どこでよく利用するのか”ということを考えた時に、楽天市場が1番最初に思い浮かびました。

見た目よりもクレジットカードを持っていて、メリットがあるところにしようと思い、楽天カードに決めました。

※私が楽天カードを作った時はディズニーのカードはありませんでした。

楽天カードの審査について

あまり記事には関係ありませんが、興味のある人は読んで下さい。

審査基準は公式にはもちろん公表されていませんし、それぞれ収入の差や借り入れの有無があるので、体験談として。

私が楽天カードを作ったのは2016年頃だったと思います。

クレジットカードを作るのが初めてだったこともあり、必要事項の入力をして、審査結果のメールが届くまで、とても不安でした。

申し込みをして10分ほどでメールが届き、これはダメだったのかな…と思いながら、メールを見ると審査に通過していました。

10分って本当に審査してるの?と思ったほどです。

その後はカードを送るので、その際に本人確認書類を確認させて下さい、など今後についての説明があって、数日後にクレジットカードが届きました。

ネットで事前に情報収集をしていたとはいえ、話半分くらいに思っていたので、スムーズ過ぎてびっくりしました。

楽天カードのメリット

最初はクレジットカードの支払いにしか対応していない場面、楽天市場でのお買い物用にと思っていました。

2年も経つとクレジットカードへの警戒心というのが解けて来て、それ以外の場面でも利用することが多くなりました。

楽天ポイントのメリットは先述した通りですが、他の部分でのメリットをご紹介します。

後から支払回数の変更が出来る

楽天カードが初めてのクレジットカードなので、他社でもやっていることなのかも知れませんが、後から分割払いに変更出来るのは助かります。

お店で支払った時は1回払いで大丈夫だと思っていても、急な出費があったりした時に便利です。

もちろん手数料は掛りますが、支払えずに延滞してしまうよりはいいので、たまーに利用しています。

後から分割の場合は3回払い~となり、分割手数料が発生します。

ちなみに後からリボ払いもありますが、こちらは何となく怖くて使っていません。

楽天ポイントを支払いに充てられる

2018年9月から使えるようになった方法です。

楽天ポイントを楽天カードのお支払い分に充てることが出来るようになりました。

使えるポイントは通常ポイントだけなので、ポイント消化には使えませんが、端数分の支払いやお買い物でポイントを使うはずが、使い忘れてしまった時などに便利です。

1ヶ月に最大5回までで、1回の手続きで利用出来るポイントはダイヤモンド会員は50~500000ポイントまで、それ以外の会員は50~30000ポイントまでです。

1ヶ月に利用出来るポイントの上限は、ダイヤモンド会員は500000ポイントまで、それ以外の会員は100000ポイントまでです。

まとめ

今回は楽天カードでポイントを貯める方法をご紹介しました。

カードを日頃から利用している人はさらに楽天ポイントを貯めることが出来ます。

あまり使わないという人もキャンペーンや特典が受けられる場合のみ、カードを利用してもいいかなと思います。

楽天のランクが上がるほど、受けれる特典やサービスも増えるのでポイント以外にも楽天を利用するメリットがある様な気がします。

是非、楽天カードでもポイントを貯めてみて下さい。

              
                     
                     
       

お得ライフカテゴリの最新記事